Heiankaku
先輩ファイル
松ケ野晶松ケ野晶

人の温かさを感じたからです。私は高校時代からウエディングプランナーを目指し、ブライダルの専門学校へ進学しました。就職活動はもちろんブライダル業界一筋。ホームページやパンフレットなどで全国各地の様々な企業を調べていました。その中でも平安閣は、自分自身がここで結婚式を挙げたいと思う魅力的な式場でした。その後インターンシップに参加し、親身になってお客様の悩みを聞いている姿や、お客様と心から楽しそうにお話している姿に、お客様に寄り添う温かいおもてなしを感じました。私もこんな素敵なプランナーと共に働き、多くのことを学び、少しでも早く「お客様の心に寄り添えるプランナーになりたい!」と思い、平安閣への入社を決意しました。

お客様との創造がカタチとなる特別な日

結婚式は一生に一度。新郎新婦様にとってかけがえのない一日になります。そのような大切な一日をお二人と一緒に創っていくプランナーの仕事は、決して楽ではありません。しかし、お客様一人ひとりと向き合い、同じゴールを目指して創造してきた結婚式は私たちプランナーにとってもかけがえのない一日になるのです。お打合せでは悩んだり苦労することもたくさんありますが、決して妥協はせずに様々なご提案をします。お二人のイメージを膨らませ、納得いくまでとことんこだわって創りあげた結婚式だからこそ、心からの喜びに繋がるのだと思うからです。結婚式当日はお客様との夢がカタチとなり、今まで見たことのないくらいの最幸の笑顔で過ごしているのを一番近くで見ることができます。その瞬間「がんばってよかった。」と心から感じます。お客様からいただく「ありがとう」という言葉と笑顔が私たちプランナーのやりがいや原動力となっているのです。

松ケ野晶
先輩ファイル ブライダル事業
フューネラル事業
コーポレートサイト 企業情報